NEWS -

沖縄・読谷山焼北窯の小皿展 / しかまファインアーツ@好日居

「三食と山賊の会」の最終日、7月16日(月)に好日居さんにてもう1つの展覧会が同時開催されることになりました。京都・姉小路の「しかまファインアーツ」さんの企画で、読谷山焼北窯のデッドストックの小皿を100枚余り販売されます。現在では製作されていないデザインのものも数多くあるとのこと。しかしデッドストックを100枚以上もどこから集めてきたんだか…お宝です。当日はしかまさんが在廊されます。いろんなお話が聞けるので、是非足をお運び下さい。この日だけのメニューとして「さんぴん茶」も用意されるそうです。

展覧会の詳細はこちら

Kitの工事が始まりました

Kitの店舗となる場所の工事が始まりました。大正13年築の京町家で、当時は荒物屋のようなお店だったようですが、戦後に改装してから長らく洋品店として営業されていました。全面ガラスウィンドウの広い間口が気に入って、店舗として使われていた土間のスペースをお借りすることになりました。

なにせ大正期の木造建築ですから直しが必要で、尚かつこれを期に耐震強度をつける工事も行うことに。店舗の一部を解体し、新たに柱を立付ける工事が始まりました。戦後に付けられたであろう壁を剥がし、天井を抜くと、古い土壁や柱が姿を表しました。なぜかどの壁も中途半端な状態。

入り口には黒タイル貼りの不思議なディスプレイスペース。ここにも木枠を新たに取り付けることに。

その時代ならではの建築法や空間デザインの面白さを生かし、最低限の修復を。朝、昼、晩と違った顔を見せてくれそうです。

선식 / sunsik / 禅食

「三食と山賊の会」で販売する禅食シェイクの素をご紹介します。

禅食(ソンシク)は僧侶が修行中に食する様々な食材を粉末にして、ブレンドしたものです。韓国では食品メーカーから販売されているものもあるようですが、こちらは市場で種類を選び、製粉してからブレンドしたもの。大豆、はと麦、黒豆、荏胡麻、黒ごま、松葉、桑の葉、緑豆、葛根、胡桃、蓮根、玄米、よもぎ、山芋、黒米、松の実の16種類をブレンドしています。豆乳、牛乳、水、お湯などで少しづつゆっくりと溶き、蜂蜜や砂糖などで甘さを加えます。

濃度や甘さはお好みで調節していただくのですが、私は大さじ3杯ぐらいを200ccの水で溶き、蜂蜜で甘みを加えています。時々ジャムを使うこともあります。とろりとしてお腹が膨らむので、朝食やおやつ代わりにもおすすめ。栄養バランスもたっぷり、かつ美味しい。クッキーやケーキの種に入れても良いでしょう。桑の葉とよもぎに少し苦みがあるので、暑い時に冷やして飲むと元気が出ます。これも毎日飲みたくなる、そんな味。