NEWS -

Kitの李青文庫

当店から北へまっすぐ徒歩10分。「李青喫茶 李青」は1988年に高麗美術館を創設した鄭詔文氏のご家族である、鄭玲姫さんが運営されているお茶屋さんです。韓国の工芸や文化にまつわる古本や、現地で買い付けた雑貨、骨董品、食品も販売されている他、韓国の工芸に関する図録や読み物が閲覧できます。メニューは韓国茶を中心に軽食もあり、特にお昼時は平日でも混雑しています。

このお店に足を運ばれるお客様の目的は様々でしょう。何せ李朝白磁の大壷など、本物の美術品を眺めながらゆっくりと優雅なお茶を楽しめる空間です。厳しい眼で選ばれた素晴らしい品の数々が並ぶ店内ですから、一見敷居が高そうです。しかし、重い木の扉を開ければ、そこは家庭のような独特の暖かさと静けさがある場所です。円卓で庭を眺めながら静かにお茶を飲んで帰られる方もいれば、参考図書をゆっくりと読まれる方、無農薬有機野菜をふんだんに使ったピビンパを楽しみに来られている方、店主とのおしゃべりをお目当てに来られる方々。
調味料やお茶の材料は定期的に韓国で仕入れる事が多いのですが、自身で考案したブレンド茶や素材にこだわったメニューは好評で、何度となく訪れる方が多いのです。店主のおもてなしの心がお客様にも伝わっていて、店という場所が活き活きとしている様子を見るのが好きです。見た目以上にカッコイイお店づくりに、ジャンルやセンスは違えど影響されている方も多いはず。もちろん、私もその中の1人です。

ご縁あって、このたび李青店内に設置されている図書販売コーナー「李青文庫」をKitの一角にも作っていただくことになりました。美術書を中心とする古本のほか雑貨、食品も販売していただきます。鄭さんとは夏に好日居さんで「山賊の会」を企画させていただきましたが、アイデア豊富で楽しいお仕事になりました。今後とも一緒に企画をさせていただくのが私自身も楽しみです。韓国食品シリーズは三食(サムシク)と名付け、随時ご案内致します。今後オンラインショップでもご紹介予定ですのでどうぞご期待下さい。

三食(サムシク)→

「李朝喫茶 李青」

京都府京都市上京区河原町通今出川下ル2筋目東入ル448-16
TEL:075-255-6652
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月火

李青ー円卓

李青ー北側

hou homespun

つい最近まで大汗をかきながらDIYしていたのに、もう羊の季節。開店日にギリギリ間に合ったあたたかなhou homespun製ホームスパンをご紹介します。私の大好きなヴィヴィッドな黄色と鮮やかなターコイズのボーダーを使ってくださいました。素材は英国シェットランド、ブルーフェイスレスター、豪州メリノ。膨らみと張りのあるショールだそう。カーディガンのようにまとったり、巻いたり、毛布のように包まったり…この柔らかさと暖かさを知ってから、ホームスパン無しの冬は考えられません。原毛の品種や色を思うように表現しているhou homespunの作品を見ていると、1枚の布の奥深さ&マニアックなこだわりに唸ります。

foodmood おやつを販売します

当店ではfoodmoodこと、なかしましほさんの焼菓子を月に1日販売いたします。初回は10月12日(金)。今後の入荷については随時newsやTwitterでご案内致しますのでよろしくお願い致します。
数に限りがございますので、店舗のみのお取り扱いとさせていただきます。ご予約はお電話でのみ、販売当日の11時から開始し、3日以内にお受け取りが可能な方のみにご対応させていただきます。ただし、10月12日(金)は開店日で慌ただしくしている為、この日限りはご予約をご容赦いただきます。遠方のお客様には申し訳ないのですが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

かれこれ5〜6年前に「フードムード」という名前を知りました。その間の抜けたような不思議なネーミングを目にした時、ピン!と美味しい予感を感じていました。あの頃は通販であれこれと買い込めたので、メイプルビスケットや当時販売されていた酒粕クラッカー、シフォンケーキを注文しては友だちとよく食べていました。懐かしや。ちょうど胃腸を壊して甘いものを体が受け付けなくなってきた、そんな年頃でした。ふと甘いおやつが食べたくなって、口にしてもすぐに飽きてしまったり、体に負担を感じる事が多かった中、foodmoodのおやつはご飯のようにスイスイと体に入ってきました。食べたい気持ちがあるのに体が受け入れなかった、そんな私が会いたかったおやつを見つけた、という気分でした。私は口に合えば何でも食べたいので、素材の絶対的なこだわりは無いのですが、美味しいものは文句なく美味しい。その時の事がきっかけで、味だけではなく素材の選び方やレシピ作りの考え方にも興味を持つようになりました。それにどんな飲みものにも合うと思いますし、ほっとする楽しいお茶の時間を蘇らせてくれたのがfoodmoodなのです。

その後レシピ本を出版され、またたく間に大人気に。本にしてもおやつにしても、世に出したあとのフォローをきちんとされる方なので、お仕事の仕方が素晴らしくて頭が下がります。私は遠くから見るだけですが、その仕事ぶりをご紹介できるのが売り手にとっての幸せです。当時からの良いご縁が続いており、当店でも販売させていただくことになりました。大切に販売していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。