Kit

NEWS

臼杵春芳 栗のべんとう箱

臼杵さんは自分で漆を掻き、木地を挽き、漆を塗る。時々職人さんに木地を挽いてもらう事もあるけれど、明らかに違う。「僕のが下手」とおっしゃるように、確かに無骨でそれが良い、と思っています。時々虫食いで穴の空いた木地に漆塗りしたボウルなんかもあったりするけれど、そのざっくり感は意図的ではなくて、性格かな?しみじみ良いなあと思います。今回いただいた漆は京都の雲ヶ畑で掻いた漆が多かったけど、同じ場所で掻いても季節によって変わるそう。光沢が出る時もあるし、マットになることも。国産の漆にしては値段もかなり手頃で、気兼ねなく使えるのが嬉しい。ボテッとした楕円の形、どっしりとした存在感、木目の美しさ、どれをとっても惚れ惚れとします。仕切り付きで、お裁縫箱や小物入れとしても使えそう。

こちらは京都の漆の木を挽き、同じ木の漆で仕上げたお椀。内側の赤い漆は岩手で掻いたもの。漆の木は軽くて、ガンガン使えて重ねても安心。高台にはしのぎのような彫りが入り、これがまた可愛らしいのです。

| |