news

月報 2017.2

2月11日(土)は坂田焼菓子店の「CHOCOLATE CREAM PIE」を販売します。テイクアウトのみでも可ですが、店内でもお召し上がりいただけます。今回は2013年度産の和紅茶という異色の組み合わせ。時を経て芳醇に育った和歌山県龍神村の手摘みの紅茶です。ぜひ合わせてお楽しみいただきたいです。ご予約なしでもOKですが、テイクアウトも喫茶もあらかじめのご予約をおすすめしています。

詳細はこちらをご覧下さい。お申し込み方法なども記載しております。

同日11日(土)はikukoさんのストロベリースコーンも販売します。こちらは贅沢にイチゴ、生クリーム、バター、小麦粉を使用したサックサクでふわっふわのイチゴらしいスコーン。こちらは冷蔵か冷凍でバレンタインデーまで日持ちします。ラッピング付で420円。こちらも同時にご予約をお受けしております。

FullSizeR 2

IMG_6349新たにお取り扱いがはじまった”かどはししゅん”。。。ある時はサッカー少年、ある時はサンドイッチマン、ある時は某レコードレーベル勤務を経て、イギリスのセラミックアーティスト、サンディ・ブラウンと出会う。(本人談)イギリスでの修行時代を経て現在千葉で作陶中。出会いは陶芸家の古谷宣幸さんが「東京行きの夜行バスに乗るまで飲みましょう」と誘ってくれた鉄板焼屋で。落ち合う前に偶然入ったバーで出会い、同じ陶芸家ということで意気投合して拾ってきたという。まるで吟遊詩人のように軽やかな登場でした。いつか彼のつくるものが見てみたい、と思っていたのですが3年ぐらい経ってまた巡りあいました。子どものように自由で、不定形で、でも何かしっかりとした確かなものを自分の中にちゃんと持っている人。これから自在に変化していくんだろうな、そんなワクワクする存在なのです。朝起きてこんな楽しいセットがあったら良いな、と思うようなゴロンとしたボウル、プレート、チーズカッティングボード(タイル)を作っていただきました。
感 覚 で 選んでいただきたい!

IMG_6339大滝郁美さんの織物も少し。
左は細めのリネンで大きめの風呂敷サイズお包み。洗うと良い感じに目が詰まります。いざ!となったらスカーフにもできるサイズです。春が近づくと必要になるスカーフ。
右はアンゴラ、カシミア、ウール混紡のマフラー。なかなか自分では思いつかない配色!と濃淡のある微妙なチェック。どうしようもなく昭和っぽいレトロなムードに惹かれて。こちらはとにかく肌あたりが優しくて嬉しい&軽いので、遠方へのお出かけには特におすすめ。見た目にも重くないのでまだ肌寒い春まで十分お使いいただけます。

IMG_6333これは4年かけてやっと錫で継いだ古いフランスの柔らか〜い陶器のプレートとマグ。これはサイズといい厚みといい深さといい焼き具合といい、すべてがパーフェクト!な奴ら。しかし柔やか過ぎるのか残念なことに怪我だらけの状態だったもので、この手のものはもうそのままジャンクに使うというのもアリですが、全部に包帯したらどうなるかなあ?と思い手をつけ始めたもの。しかしやり始めると柔らかさゆえ漆が滲みやすいし、細かいし、治療箇所は多いしでなかなか苦労しました。単にやる気を無くして放置期間が長かった、、というだけなのですがようやく完成!お疲れさまでした…。やたら派手になっちゃいましたが、これはこれでオーケー。こんなものも、時々売り場に混ざってますよ。

今月のfoodmoodは2月18日(土)11:30-です。いつもと曜日が変わりますのでお間違いなく!

月に1度のmaka monthly work shopは2月25日(土)も応募開始しましたので宜しくお願いします。