news

月報 2016.12

img_5241さてもう12月の半ばですが。

houhomespunこと上杉浩子さんのホームスパン、少しですがまだ作品がございますのでご案内。
暮らしとおしゃれの編集室
で仕事ぶりが紹介されています。まずは前編のみがアップされました。未経験者にとって、ホームスパンの作業工程は想像するに難しく、実際に1から10まで見てみないと分からない事が多いのですが、大まかな工程が写真つきで分かりやすく紹介されています。ちょっと気の遠くなるような作業なのですが、そんなコツコツした仕事が好きだからこそ出来上がる織物だと思います。

今年は”Think Pink”と題してピンクな作品を沢山作っていただきましたが、トラディショナルなツイードやチェックも大好きで。今年はイギリスの老紳士を思わせるようなどこか懐かしく、品のあるチェックを個人的に選ばせていただきました。5年ぐらい前に購入したファーストhouhomespunも藍染で、「シェトランド」というイギリスの羊をミックスしたものでした。私が手に取るものは大体「シェトランド」絡み。どこかハリ感があって、巻いた時にホームスパンならではの立体的なラインが作りやすい羊。パッと見でなぜか惹かれます。今回のはそれに「メリノ」もミックスされていましたが、以前のものより更に軽く、ハリがあるのにすごく柔らかく、ボリューム感も満点!これがホームスパンの縮絨の妙味なのだろうか、、、?
今回の展示会作品は毛のミックス感がトロトロしていたり、ハリっとソフトだったり、毛の特徴を生かした作品もあれば、プラス遊びが効いた作品もあったりで、見応えがありました。
私は織物の技術について詳しくは門外漢だし、羊にも詳しくないけれど、毎年見続ける事によってhouhomespunさんの成長を感じられるような、僭越ながらそんな充実感を感じられる良い作品展になったと思いました。今回はまさかの2~3日中にほとんどの作品が売り切れてしまい、全貌をお見せできなかったのが心残りなのですが、来年また開催しますのでよろしくお願いします。

*houhomespun作品はカシミヤや藍染のストールなど、一部ですがまだ販売しております。興味のある方はスタッフまでお問い合わせください。

img_5266img_5283-1img_5149

中本純也さん(中国茶坏、蕎麦ちょこ)、かどはししゅんさん(プレート)、一粒舎(革のバッグいろいろ)、モロッコのvintag”ボシャルウィット”、インドのvintage”ラリーキルト”などいろいろ入荷しております。

12月17日(土)11:30- foodmood販売

12月24日(土)-25日(日) ほうるもん市
イブルB品を筆頭にいろいろSALEいたします。