news

happy spring wedding

今日はちょっとセンチメンタル。

タイマッサージをしているten to senさんご夫婦の結婚式で、引き出物を選ばせていただきました。H.P.Eの手織りのふきん、眼鏡刺繍入のこちょこちょふきん、サウスアベニューさんの中国茶のセットを男女別にしてお包みしました。熨斗は関美穂子さんの手染めの型絵染。
ピーカンの青空の下、海の近くの庭園つき洋館で行った結婚式では新郎バンドのライブあり、餅つきユニットペッタンコ(=放るもん市メンバー)による餅つきあり、ケーキ、ドリンクはyugueさん、つばめさん、ヘアメイクはbisouさんなど、素敵な身内に囲まれた二人らしい式でした。こんな日は「世界中を愛してる」気分になってしまいますが、私は早々に帰って、久々に辛ラーメンをすすりながら『ジャニー喜多川 の戦略と戦術』を再読しておりました。

新婦は前職の後輩でした。その時はタイミングが悪くて何とまあ使えない子だったことでしょう。人柄は良いし、素敵な空気が流れているのに、若さのせいか、環境に馴染めなかったのか、なぜかそこでは力が発揮できず、やる事なす事裏目に出てグダグダに。「この仕事に向いていないし、辞めるべき!」と厳しく一蹴したのも随分と昔のことになりますが、彼女が先に退職して、あれから数年経って、コツコツと長年に渡り修行を続けてきたタイマッサージ屋を京都で開業することになりました。そんな節目の結婚式に関われて、なかなか感慨深い気持ちです。
同じ職場にいる時は随分と厳しくしたものですが、それでもいつしか当店を立ち上げる時には、率先して手伝いに来てくれる友人の1人になっていました。何となく、そのまま手が足りない時は猫のように呼びつけて、私の手伝いをしてもらっています。「昔のようなミスをしたらただじゃおかない」空気が流れる中、怯えつつも一生懸命に店のために動き回り、接客してくれる姿をみて、つい先日は「良い店員になったよねえ・・」と心からの声が漏れてしまいました。あの時のアレがコレに?ちょっと感動。

年の功といいますか、こうやって人の流れをtenからsenで見れるのは、なかなか良いもんです(シャレ)。忘れていたけれど、彼女は昔っからボランティア精神に溢れる、人に尽くす子でした。そんな人のマッサージですから、すでに顧客も多く、これからの彼女はもう前途多望です。帰りの電車でふと思い出し、手に取ったのが、前述の敬愛するジャニー本。彼の「やる気がある子とない子の差は人間性。真剣になれるかどうかが分岐点」という言葉を記しておきたいと思います。一見には分からないし、不器用かもしれませんが、真剣になれる才能を持っている。私はそんな人たちと働いています。

おめでとうございます。これからもジャニーさんの言葉を胸に刻み、精進してくれたまえ。

あっ最後になりましたが、そんなことで引き出物などのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。