news - フード

foodmood おやつを販売します

当店ではfoodmoodこと、なかしましほさんの焼菓子を月に1日販売いたします。初回は10月12日(金)。今後の入荷については随時newsやTwitterでご案内致しますのでよろしくお願い致します。
数に限りがございますので、店舗のみのお取り扱いとさせていただきます。ご予約はお電話でのみ、販売当日の11時から開始し、3日以内にお受け取りが可能な方のみにご対応させていただきます。ただし、10月12日(金)は開店日で慌ただしくしている為、この日限りはご予約をご容赦いただきます。遠方のお客様には申し訳ないのですが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

かれこれ5〜6年前に「フードムード」という名前を知りました。その間の抜けたような不思議なネーミングを目にした時、ピン!と美味しい予感を感じていました。あの頃は通販であれこれと買い込めたので、メイプルビスケットや当時販売されていた酒粕クラッカー、シフォンケーキを注文しては友だちとよく食べていました。懐かしや。ちょうど胃腸を壊して甘いものを体が受け付けなくなってきた、そんな年頃でした。ふと甘いおやつが食べたくなって、口にしてもすぐに飽きてしまったり、体に負担を感じる事が多かった中、foodmoodのおやつはご飯のようにスイスイと体に入ってきました。食べたい気持ちがあるのに体が受け入れなかった、そんな私が会いたかったおやつを見つけた、という気分でした。私は口に合えば何でも食べたいので、素材の絶対的なこだわりは無いのですが、美味しいものは文句なく美味しい。その時の事がきっかけで、味だけではなく素材の選び方やレシピ作りの考え方にも興味を持つようになりました。それにどんな飲みものにも合うと思いますし、ほっとする楽しいお茶の時間を蘇らせてくれたのがfoodmoodなのです。

その後レシピ本を出版され、またたく間に大人気に。本にしてもおやつにしても、世に出したあとのフォローをきちんとされる方なので、お仕事の仕方が素晴らしくて頭が下がります。私は遠くから見るだけですが、その仕事ぶりをご紹介できるのが売り手にとっての幸せです。当時からの良いご縁が続いており、当店でも販売させていただくことになりました。大切に販売していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

三食(サムシク)

「三食」は「サムシク」と読みます。本来の発音は「サムシッ」なのですが、あえて日本風に読んで「サムシク」。
韓国のオーガニックな食材、特に干し菜に注目をして仕入れています。このシリーズを朝、昼、晩、と食べられる素朴なしあわせの意を込めて、「三食」と名付けました。

干し菜は基本的に水に戻すだけ。保存食として長持ちするし、干すことで栄養や甘みがぐっと増すので常備菜を作るのにも手軽で、なにせ美味しい。ほんの数十年前までは韓国でも食糧難の時代が続き、米不足のため干し菜や豆などを足してボリュームアップさせていました。貧しい時代の知恵ながら、結果的にはエキスがしみじみと染み渡る美味しい料理が出来上がりました。忙しい時でも、ご飯と栄養たっぷりの菜とスープがあるだけで元気になります。そんな素朴なご飯が好きです。

こちらはほんの一部ですが、こうして並べてみても分かる通り、なんだか見慣れずどう使ったらいいものやら、と思うものが多いです。韓国にしかない品種の野菜、山菜など。水で戻して、煮るか焼いて調理します。薬膳料理に使ったり、煮だしてお茶として飲む実もあります。

試しに私も作ってみました。実際は普段あまり料理をする時間もないし、料理下手な私にとっては面倒でもあり、三食食べるって実は難しい。しかしそんな方にこそ試していただきたいとも思うです。

今日は(というかいつも)冷蔵庫に食材が無かったので、簡単に干し菜を戻して、キノコとスナップエンドウだけでスープにしました。使ったのはこの2つ。

「唐胡麻」

「あまどころ」

2時間ぐらい水に戻して、よく水気をきります。昆布と煮干しで出汁を取り、ざっくりと食べ易いサイズに切った干し菜と野菜、赤唐辛子を入れて煮るだけ。「あまどころ」はそのまま煮だしてお茶にするぐらい甘いエキスが出るので、塩を少し入れるだけで立派なスープに。最後に山田製油さんの金ごま油をさっとひとかけ。色は濃いですが、さっぱりして美味しかったです。

何度か食べると味に飽きたら具材に少しコチュジャン、お醤油を入れて味付けを変えてみました。味が整ったら白ごま、山田製油さんの金ごま油をひとかけ。

「あまどころ」はかなりエキスが出るので、出汁は昆布だけでも良いのかも。味付けはお味噌でも良いですし、残り物の冷やご飯やお餅を入れても良いでしょう。とにかく何でも入れる(ぶちこむ)とそれなりに美味しくなるような気がします。

簡単に和えるだけで美味しいおつまみも幅広くできます。そんな手間入らずで楽しい料理をご紹介したくて「山賊の会」を催します。さて山賊とは?続きは後日。