news - フード

月報 2018.9

ocha

早くも秋。
西荻・サウスアベニューの看板でもあるオーガニックジャスミンの新茶の季節です!!
毎年新茶の8月に中国福建省・福州の畑まで直接出かけ、貴重なお茶を買い付けています。更に当店はそこから分けていただいてます。すでに愛飲していただいているお客様も多いのですが、今年は試飲会を2週にわたって開催します。特に9月は新茶だけの特別な香りが楽しめます。

初めての方ももちろん歓迎です。そもそも淹れ方、飲み方が分からない、という方のためでもあるのでじっくり時間に余裕を持ってお越しいただけると幸いです。

今年は針王、小針、珍珠王の3種類。
すでに販売を開始していますので、試飲会に来られないという方はスタッフまでお問い合わせ下さい。通販も対応してしておりますのでご希望の方はこちらからお問い合わせ下さい。

①針王(しんおう)
春一番の最初の芽を使った緑茶にジャスミンの香りを移した最高級ジャスミン茶。ふくよかな上品な香りと透明感あふれる味わいは正に王様的。一番人気のジャスミン茶。

②小針(こしん)
針王の芽を摘んだ後に出てくる2番目の芽で作ったお茶。若々しいフレッシュ感あふれるジャスミン茶。

③珍珠王(ちんじゅおう)
一芯二葉で摘まれた緑茶を1つ1つ手作業で丸めた球状のお茶。甘くとろっとした味わい。

*3種類のお茶の大まかな説明はサウスアベニュー作成の説明書から引用させていただきました。
お買い上げのお客様には詳しい説明書を同封させていただいてます。

今朝はスタッフとじっくり3種類のお茶を試飲しました。
今年の夏はかつてないほど身体にこたえ、その上災害続きで精神的にも滅入ったり、雨で疲れが取れないという日々でしたが、そんなイヤ〜な感じを吹き飛ばしてくれるような最高の朝となりました。いつも美味しいと思いながら飲んでいるお茶も、新茶に出会うと昔のことを忘れてしまうような初々しさ。エネルギーが素晴らしい。部屋中が幸せな香りいっぱいに包まれていました。ただ香りほど身体には強くなく、身体がみずみずしく中和されていく感じなのです。

個人的な新茶の感想。
針王はやっぱり圧倒的に女王様。飲めば分かります。
小針は一番”水”のトーンに近い感じ。まったり。
珍珠王はフルーツのようなスパイスのような香りが多面的。

お好みはそれぞれあると思いますので、場面に応じて楽しんでいただければ。

接客をしていると一般的にはジャスミンは香料の香りが強く苦手意識をお持ちの方が多いような印象がありますが、本来のジャスミン茶というのものはリアルにこういう事らしいです。

IMG_2139

IMG_5120

春に作られた緑茶に、真夏の濃厚な香りのジャスミンの花を加え、一晩けけて緑茶に香りを移します。翌朝花を取り除き、再び新しいジャスミン花を加えて香りを重ねていきます。これを繰り返して1週間前後で作り上げます。ベースに使われている緑茶は本来は体を冷やすものですが、上質なジャスミン花のエキスがたっぷりと染み込んだジャスミン茶は体を中性の保つ、のことです。

伝わり易いように美味しさを色んな言葉で表しては見ましたが、飲んでもらうのがいちばんですね。お好み次第ではありますが、サウスのいちファンとして今年も無事にお茶をいただけたことに感謝。

もっと気軽に、日常的に中国茶を楽しみたい!という方へ。おすすめの道具も用意しておりますが…
とりあえず今は何も準備がない、という方にこんな方法はいかがでしょうか?

IMG_20180806_0001_NEW

単純なことです。
美味しいお茶はエネルギーいっぱいで、どなたが淹れても美味しく入ります。ただお湯の量と時間だけにはご注意を。せっかちな私は一煎目を淹れる30秒の間に写真を撮っていたらあっという間に時間が過ぎていました。失敗。30秒はあっという間です。この間だけは感動のためにどうぞ心を鎮めてお待ち下さい。

「オーガニックジャスミン試飲会」の日時など詳細はこちら

月報 2017.7

IMG_7768 (1)

7月は定休の火曜日以外に6日(木)を臨時休業とさせていただきます。

7月14日(金)〜23日(日)は「関美穂子PART.2紙」をを開催します。PART.1布、に引き続き2年半ぶりになりますのでお楽しみに。関美穂子の原点ともいえる小作品(マッチ箱、蔵書票)を中心に制作していただきます。詳しいご案内文はこちらをご覧下さい。

IMG_8722

これから久しぶりに台湾、韓国へ仕入れの旅に出かけます。
写真はカプサ(薄くて上質な絹織物)とヤンダン(金銀糸や色糸を使い、重ねて厚く刺繍された絹織物)、シルクの端切れで縫われたポジャギ。白い宁麻や生成りの大麻で作られた素朴なポジャギも変わらず好きですが、最近はこの手のカラフルで透明感のあるものが好きで探しています。様々な柄や強い色が散りばめられているのに、全然うるさくなくて見事な調和。韓国の激しくて、朗かな一面が見える気がします。なかなか良い状態のものが見つかりませんが、見つかると良いなあ。買い付け品は7月下旬ぐらいからの販売となりますので、またご案内したいと思います。

また、7月はショートショートイベントも。
昨年の「Chemi子」もう少しバージョンアップして再び開催します。28日(金)〜29日(土)のみ喫茶橙灯さんのプラッチックカフェもあります。今年のメニューは何でしょう?改めてご案内しますが、詳しい内容はこちらでご確認下さい。

(販売予定)
7月22日(土)11:30〜
foodmoodの菓子

7月22日(土)14:00〜
弥栄窯の天然酵母パン(ブロン500g、カンパーニュ1kg、セーグル、コンプレ、ブリオッシュ)

 

月報 2017.3

ikeda2

ikeda3

 

2015年にも企画させていただいた、池多亜沙子さんの書展をします。今回は当店と茶房 好日居の二会場で。
好日居では座って、当店では立って見ていただく。そんな感じかな?
作品の毛色も少し違うものとなっております。場所が離れていて申し訳ないのですが、期間も長いので是非両会場見ていただけると嬉しいです。

今回は紙漉職人のハタノワタルさんにもご協力いただきました。
ミツマタのパリパリとした質感の紙や柿渋で染めたポストカードサイズの紙を使わせていただいています。この頃はハタノさん自身も毎朝書をされるようで、その際に失敗した紙を溶かして漉き直した紙や、書に向くと思われる紙を数種類販売させて頂きます。
茶房 好日居では、展覧会にちなんだ喫茶メニューをこの期間お召し上がりいただけます。韓国菓子「コッカムホドゥマリ」(クルミと干し柿のみを贅沢に使った祝菓子)「ヨモギ餅の白いんげん豆餡あえ」も販売します。普段はオープン日も少ない茶房です。せっかくですのでこの機会にご賞味くださいね。
当店では喫茶営業はないのですが、ゆっくりしていただきたいのであたたかい韓国茶(ドゥングレ茶/五味子茶)をご用意してお待ちしております。また、初日の3日はikukoさんのうぐいす豆のスコーンも販売しますのでお楽しみに。

*池多亜沙子さんの在廊日は3月3、4、5、12、13日です。(どちらの会場に在廊するかは未定)
展覧会の詳しい日程、内容はこちらをご覧ください。

0F5546A1-
山形県酒田で買い付けた欅のこね鉢、鉄の自在、平清水の片口などが入荷しました。木の足型は足袋の型。帽子型は見たことがありますが…。(笑)酒田は欅をよく使うようで今までにも何度か欅のスツールや敷板を仕入れたことがありました。経年変化で良い具合に変色し艶が出ています。関西ではなかなかお目にかかれない東北ならではの物に出会えると嬉しい。

IMG_6221
「アンニョン!くっぱの会」でトレイとして使用したアルミニウムのパンチングトレイが入荷しました。こちらは元々ピザ用のオーブントレイなのでオーブンに入れられます。硬く強度があるのでトレイとしても安心してお使いいただけます。

0B2C24A0-
水野悠祐さんの木のトレイやオーバルの豆皿、へらなどが入荷。木のトレイはクルミに漆のほか、スプルーフというアメリカのオレンジっぽい木のもの。ライトな感覚で使えて色や木目が好きな材です。

foodmoodの販売は3月17日(金)です。
4月から定休日ができます。毎週火曜日になりますが、展示会やイベント中はお休みなしになります。どうぞよろしくお願いします。