news - 新入荷

月報 2017.5

早いものでもう新緑。

5月12日(金)からKotonのharu&natsu服を販売します。毎年恒例の販売会では冷たい初夏の飲みものをご用意しております。今年は移動喫茶キンメの「菊と緑茶のゼリースープ」「いちごのサワー」をご用意しております。テイクアウトOKです。
また、foodmoodの菓子販売も12日(金)11:30より開始します。

IMG_7932

菓子研究家・福田里香さんの『季節の果物でジャムを炊く』(立東舎)が入荷しました。出版社倒産のため長らく絶版となっていた『ジャム食本』(2006年/アスコム)を一新して復刻。買い逃していたファンには待望の一冊なのです。
料理が達者でない私は素材をシンプルに生かすことに日々精一杯なのですが、この本には素材と素材の組み合わせから生まれる発展的な楽しみがいっぱい。ふとした失敗から発見された”美味しい”もあるらしく、研究者らしい気づきや隠れたアイディアが収められています。
そして、新しい食を生み出す人にしか出来ない表現方法にも唸るものがあります。美味しいに決まっている!としか思えない美しいジャムの数々は見るだけでも楽しいのですが、見てるだけなんてもうつまらない!私も手を動かし、”美味しいは美しい”をしばし堪能したいと思います。

福田里香さんプロデュースのエプロンESILIINAも久々に販売します。もう初夏。そんな気分の色を探しにお越し下さい!

IMG_7901

関美穂子(蔵書票)、中本純也(白磁)、その他古いものも随時入荷しております。
5月27日(土)はちょっと変わった食べもの講座「酔わないソムリエ教室(ぶどう)」を開催。皆様のご参加をお待ちしております!

05BC0510-

月報 2017.4

この4月から定休日が火曜日になりました。その他仕入れなどで止むを得ず臨時休業する場合は当HP、instagramtwitterにてご案内しようと思います。

4月7日(金)〜17日(月)は大滝郁美さんの展示会を行います。詳細はこちらをご覧ください。

大滝さんとはこの初めての展覧会に向けて2年前からずっと細やかなやり取りを繰り返してきました。この度まずは小さな布からスタートします。
彼女はスウェーデンで染織物を学び、帰国後は故郷である山形に拠点を移して制作しています。もともとは北欧らしい鮮やかなカラーの配置や幾何学的な模様が特徴的なテキスタイルを得意とされていたように思いますが、国産の手引きのシルクや手紡ぎの麻など素材を作る過程にも興味があり、様々な素材を触っている途中。糸をミックスして新たに生まれる妙味や感触に私も興味津々。今回はお互いの「こんなものがあったら良いな」を小さな形にまとめてみました。そこから生まれたのが、おにぎり包み、パン包み、衣包み。どれもお包みですが、敷いても、巻いても良いのです。複雑な組織と色の組み合わせを60cm X 60cm以下の景色にしていただきました。
期間終了後は4月にオープン予定のオンラインショップにもアップしたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

instagramに幾つか販売予定の作品を掲載していますのでご覧ください。
#大滝郁美

sankakuまたもやアルミ x パンチング。かなりしっかりしたコンテナでスタッキング可能。イエロー三角は低温で焼いた焼き物でおそらく京焼の類?なのではないかと。ともにVintageです。好きなものを、好きなものが分かる人にギャーギャー連呼していたら、自動的に誰かがそれを運んできてくれるという便利で嬉しいシステムが出来つつあります。これも「好きでしょ?」って顔で昨日やってきたものです。

IMG_7312寺本英幸さんにお願いしているステンレスコースター4種と洋白のレンゲ、菓子フォークが入荷しました。これも開店当初から販売させていただいておりますが、少しづつ種類が増えてきました。錆びにくいので扱いもしやすく、ロングセラーです。

IMG_7194サウスアベニューの春のブレンドも入荷しました。

ORGANIC WHITE TEA
解毒・解熱作用の強い白茶がベースの春夏ブレンドで、湿度が高くなり、体の水分バランスが崩れがちなこれからの季節におすすめです。バラ、ジャスミンと合わせて、柔らかく優しい味わい。ミントがすっと呼吸を整えます。

野生的春 WILD SPRING TEA 30g
広西省のはるか彼方の山奥に自生するお茶の木から作られた緑茶です。さわやかな香りと渋みを含んだ春の味。水出しもおすすめ。

IMG_7321
池多亜沙子さんの書は引き続き常設で扱わせていただいております。骨董や雑貨に混ざってそこにある感じが好きなのです。気になる方はお問い合わせください。

次回foodmoodの販売は4月22日です。

月報 2017.2

2月11日(土)は坂田焼菓子店の「CHOCOLATE CREAM PIE」を販売します。テイクアウトのみでも可ですが、店内でもお召し上がりいただけます。今回は2013年度産の和紅茶という異色の組み合わせ。時を経て芳醇に育った和歌山県龍神村の手摘みの紅茶です。ぜひ合わせてお楽しみいただきたいです。ご予約なしでもOKですが、テイクアウトも喫茶もあらかじめのご予約をおすすめしています。

詳細はこちらをご覧下さい。お申し込み方法なども記載しております。

同日11日(土)はikukoさんのストロベリースコーンも販売します。こちらは贅沢にイチゴ、生クリーム、バター、小麦粉を使用したサックサクでふわっふわのイチゴらしいスコーン。こちらは冷蔵か冷凍でバレンタインデーまで日持ちします。ラッピング付で420円。こちらも同時にご予約をお受けしております。

FullSizeR 2

IMG_6349新たにお取り扱いがはじまった”かどはししゅん”。。。ある時はサッカー少年、ある時はサンドイッチマン、ある時は某レコードレーベル勤務を経て、イギリスのセラミックアーティスト、サンディ・ブラウンと出会う。(本人談)イギリスでの修行時代を経て現在千葉で作陶中。出会いは陶芸家の古谷宣幸さんが「東京行きの夜行バスに乗るまで飲みましょう」と誘ってくれた鉄板焼屋で。落ち合う前に偶然入ったバーで出会い、同じ陶芸家ということで意気投合して拾ってきたという。まるで吟遊詩人のように軽やかな登場でした。いつか彼のつくるものが見てみたい、と思っていたのですが3年ぐらい経ってまた巡りあいました。子どものように自由で、不定形で、でも何かしっかりとした確かなものを自分の中にちゃんと持っている人。これから自在に変化していくんだろうな、そんなワクワクする存在なのです。朝起きてこんな楽しいセットがあったら良いな、と思うようなゴロンとしたボウル、プレート、チーズカッティングボード(タイル)を作っていただきました。
感 覚 で 選んでいただきたい!

IMG_6339大滝郁美さんの織物も少し。
左は細めのリネンで大きめの風呂敷サイズお包み。洗うと良い感じに目が詰まります。いざ!となったらスカーフにもできるサイズです。春が近づくと必要になるスカーフ。
右はアンゴラ、カシミア、ウール混紡のマフラー。なかなか自分では思いつかない配色!と濃淡のある微妙なチェック。どうしようもなく昭和っぽいレトロなムードに惹かれて。こちらはとにかく肌あたりが優しくて嬉しい&軽いので、遠方へのお出かけには特におすすめ。見た目にも重くないのでまだ肌寒い春まで十分お使いいただけます。

IMG_6333これは4年かけてやっと錫で継いだ古いフランスの柔らか〜い陶器のプレートとマグ。これはサイズといい厚みといい深さといい焼き具合といい、すべてがパーフェクト!な奴ら。しかし柔やか過ぎるのか残念なことに怪我だらけの状態だったもので、この手のものはもうそのままジャンクに使うというのもアリですが、全部に包帯したらどうなるかなあ?と思い手をつけ始めたもの。しかしやり始めると柔らかさゆえ漆が滲みやすいし、細かいし、治療箇所は多いしでなかなか苦労しました。単にやる気を無くして放置期間が長かった、、というだけなのですがようやく完成!お疲れさまでした…。やたら派手になっちゃいましたが、これはこれでオーケー。こんなものも、時々売り場に混ざってますよ。

今月のfoodmoodは2月18日(土)11:30-です。いつもと曜日が変わりますのでお間違いなく!

月に1度のmaka monthly work shopは2月25日(土)も応募開始しましたので宜しくお願いします。